こどもの日って何の日?料理は?柏餅を食べるって言うけど? 

こどもの日って何の日?由来は?

こどもの日の料理は?柏餅を食べるって言うけど?

疑問を少しでも解消していただければと思います。

スポンサードリンク

こどもの日って何の日?

こどもの日は5月5日の祝日で、3月3日の女の子の節句ひな祭りと並んで

男の子の節句と言われる「端午の節句」です。

端午の節句とは、もともと中国から入ってきた行事なんですが、

中国東周時代の政治家であり高名な詩人であった「屈原」が

入水自殺をした事を供養するために始まり

三国志の時代に日本へ伝わったとされています。

古くは「端午の節句」は邪気を払うため菖蒲やよもぎを

軒にさす風習だったようですが、現在ではやや変化しています。

江戸時代以降、「端午の節句」は男の子の節句とされ

武家が甲冑やのぼりを飾ったことに町民がならい

甲冑は鎧や兜を真似て作った物、

のぼりは、鯉が滝登りをするのを立身出世とイメージして

書き入れたのが始まりとされています。

それが現代になって鎧や兜を飾ったり

鯉のぼりを立てるようになったそうです。

こどもの日の料理って?柏餅を食べるって言うけど?

こどもの日の料理としては、何を食べるという風習はないのですが

一般的には「ちまき」「柏餅」をおやつ感覚で

食べられているようです。

「ちまき」をなぞって「中華ちまき」を料理として出す

家庭もあるようですが。

「ちまき」の由来は、中国の政治家「屈原」が5月5日に

川に身を投げたのを悲しんだ人々が

川にちまきを投げて弔ったのが起源とされています。

その5月5日に、「ちまき」を作って食べるようになったのが

始まりのようです。

「柏餅」は、柏の葉が冬になっても落葉せず

新しい芽が育つまでは古い葉が落ちないと言うことから

「跡継ぎが出来るまで家系が絶えない」ととらえた武家が

子孫繁栄を願って、縁起物として柏の葉に和菓子を包んで

食べるようになったそうです。

ちなみに、あくまで統計ですが

関東では「柏餅」を食べ、関西では「ちまき」を食べる

家庭が多いそうですよ。

まとめ

こどもの日の5月5日は、端午の節句と言われる男の子の節句である。

料理は、ひな祭りのように、ちらし寿司やはまぐりを食べると言った

習慣は特にありませんが、「ちまき」や「柏餅」を食べるのが

定番のようです。

スポンサードリンク

コメントを残す