土用の丑の日2015年はいつ?なぜ丑の日にうなぎ?

2015年の土用の丑の日っていつ?

そもそも土用の丑の日ってどんな日?

なぜ土用の丑の日にうなぎを食べるの?

スポンサードリンク

2015年の土用の丑の日っていつなの?

丑の日とは、十二支を1日ごとに割り当てていくので

12日ごとに1度回っくることになります。

そのため、年によっては土用の期間18日間のあいだに

丑の日が2回くる年もあります。

2015年度の土用の丑の日はその2回くる年で

7月24日の丑の日と、二の丑と言われる8月5日

2日間になります。

そもそも土用の丑の日ってどんな日?

土用の丑の日と言うと一般的に夏だと思われているようですが

実際は年に数回あります。

「土用」は、立春・立夏・立秋・立冬の前の18日間のことで

年に4回あります。

「丑の日」は十二支の中の丑で12日に1度まわってきます。

つまり、土用の期間である18日間の中の丑の日が「土用の丑の日」

となるわけです。

なぜ土用の丑の日にうなぎを食べるの?

なぜ土用の丑の日にうなぎを食べるようになったかと

なぜ土用の丑の日が定着したのが夏になったか

と言う理由が実は同じ理由からなんです。

江戸時代までさかのぼるんですが、当時の蘭学者

「平賀 源内」に夏場は暑くて脂っこいうなぎが売れないと

相談したうなぎ屋に助言し、それを実行したことがブームとなり

今に伝わったとされています。

本来、土用とは土に感謝する期間であったとされています。

そして、土用を田畑を休ませる期間としていました。

丑の日はその田畑を耕すために使われていた水牛も休ませる日

となっていたそうです。

そこから、土用の丑の日は田畑も牛も休ませる日となり、

土と牛の色にちなんで、黒い物を食べるという日になったそうです。

なので、本来は黒い食べ物というだけだったのですが、

その話を知った平賀源内が黒い食べ物を

うなぎとすれば良いのではないかと

助言したことが始まりではないかと言われています。

まとめ

土用の丑の日になぜうなぎを食べるようになったか

という話は諸説ありますが、私はこの話が一番しっくりきたので

ご紹介しました。

スポンサードリンク

コメントを残す