大阪天神祭2015の日程と花火を見るおすすめスポット。

大阪の天神祭は日本三大祭りとされるお祭りです。

天神祭は、天神祭奉納花火がメインを飾りますが

その他のイベントや数えきれないほどの露店も

楽しめるお祭りです。

スポンサードリンク

大阪天神祭2015の日程やイベントなど

 

2015年度の天神祭の宵宮・本宮は

7月24日と7月25日の2日間にわたって行われます。

天神祭のメインのイベントとなる「天神祭奉納花火」は

7月25日(土)の19:00~21:00の予定で開催されます。

天神祭の諸行事は6月下旬から7月下旬にかけて行われますが

宵宮・本宮についで名物となっている行事が

「天神祭女性御神輿」通称、ギャルみこしと言われている行事があります。

ギャルみこし!大阪らしいネーミングでしょ。

このギャルみこしは1981年からの歴史があり

宵宮の前日、7月23日に行われます。

天神橋筋商店街の四町会が協力して

大阪天満宮御羽車講巡行のひとつとして作り上げられました。

このギャルみこしにはオーディションがあり

米俵が持ち上げられるかやかくし芸などの

PR選考が基準となっています。

大阪天神祭2015の花火を見るおすすめスポットは?

 

大阪天神祭2015の花火「天神祭奉納花火」は

7月25日の19時開始予定なのですが

毎年約120万人の来場者があるといわれています。

このため、やはり花火が綺麗に見える場所は早くから

場所をキープする気持ちで行かないとなかなかまともには

観覧できません。

天神祭奉納花火は、約4000発の花火とすぐそばを流れる大川を

きらびやかにライトアップされた100隻におよぶ船渡御が

同時に楽しめるのも見どころの一つです。

私のおすすめプランとしましては、夕方早めには現地につく。

そして、お祭りの雰囲気を味わうために大川の川沿いなどに

数えきれないほどの露店が出ていますのでそこで腹ごしらえをするか

花火を観覧しながら食べられるものを仕入れて

まだ明るいうちに場所取りをする。

私のおすすめ観覧スポットは、打ち上げ場所から少し離れますが

比較的ゆっくりと観覧できる歩行者・自転車専用の橋

 

川崎橋

 

近場で花火を見たい方は

桜之宮公園の川沿い

こちらは、花火の打ち上げ会場から近いこともあり

露店などもたくさん出ています。

どちらも川沿い、あるいは橋の上からの見物になりますので

船渡御も観覧できておすすめですよ。

まとめ

大阪で行われる天神祭は日本三大祭りと言われるだけあって

来場者も非常に多いお祭りです。

大川の川沿いは露店もたくさん出ているし花火も船渡御も

同時に楽しめるため非常に混雑しますので、

場所取りなどはなるべく早い時間から行かれることをおすすめします。

スポンサードリンク

コメントを残す