子供の傘をキャラ傘に|意外と簡単にお安く作れますよ。

そろそろ梅雨の時期も近づいてきたので

子供の傘をキャラ傘に!

簡単にお安く作る方法を書いていきます。

スポンサードリンク

子供の傘をキャラ傘にするために必要な道具

100円均一ショップで揃います。

① 透明なビニール傘 

 子供が使うのに適したサイズを選んで下さい

② アクリル絵具

 必要な色の絵具。

③ 紙のパレット

 防水になっていて使い捨て出来るものです。

④ 筆

 書きやすいサイズを選んで下さい。

 少し太めと細めの2本あると便利です。

そして、どんなキャラクターにするか決まったら

キャラクターの画像をプリンターで反転コピーにして

プリントアウトします。

左右対称のキャラクターは反転コピーしなくても大丈夫ですが

左右対称でないキャラクターの場合反転しておかないと

傘に書いた時に左右が反対になってしまいます。

では子供の傘をキャラ傘していきましょう

基本的に、アクリル絵具は水に強いんですが

今回は傘の内側に書く方法を説明します。

まず傘を広げてどんなキャラクターを書いてあげるかを決めます。

キャラクターが決まったら、傘の骨と骨の間に書いていくので

サイズを決めます。

キャラクターを書くサイズが決まったら、パソコンで

キャラクターの名前 画像で検索すればほとんど出てきます。

そして、画像が決まったらプリントアウトするんですが

傘の内側から書くので、反転コピーします。

左右対称のキャラクターであればそのままプリントアウトしても大丈夫です。

プリントアウトできたら、キャラクターを傘の表側に貼り付け

内側から輪郭などを下書きしていきます。

輪郭を書き終えたら、アクリル絵具で色を塗っていきます。

アクリル絵具は乾きやすいですが

固まらない程度の少量の水でとくようにしてください。

そして、絵具で色を入れていくんですが

重ね塗りしていくほうが仕上がりは綺麗です。

色を塗り終えたら、すみやかに筆を洗って下さい。

アクリル絵具は乾きやすいので、筆が固まってしまいます。

乾くのが早いので、色を塗り終えたらほぼ完成ですが

絵の具のひび割れを防ぐために、色を塗った上から

透明のテープ(セロハンテープを太くしたような)を

貼っておくと長持ちしますよ。

まとめ

ビニール傘を使うのは、内側に絵を描くことで

雨などで落ちにくくする意味もありますし、

透明なので子供の視界を妨げないこともふくめ

選びました。

スポンサードリンク

コメントを残す