横浜開港祭花火2015年度の日程は?どこで見るのがおすすめ?

今年も開催されます横浜開港祭花火2015!

横浜開港祭花火2015の日程と、おすすめ観覧スポットを

なるべく分かりやすくご紹介します。

スポンサードリンク

横浜開港祭花火2015年度の日程は?

 

横浜開港祭花火2015は、今年で34回目の開催を迎えます。

横浜開港祭の日程は

5月30日(土) 31日(日) 6月2日(火)の3日間の日程で開催されます。

横浜開港祭の目玉イベントでもある花火大会は

横浜開港祭の最終日、6月2日に行われます。

開催時間は20:20~20:50の予定となっております。

場所は臨海パーク前の海上から打ち上げられます。

※雨天決行ですが、荒天の場合は未定となっておりますので

主催の横浜開港祭協議会にお問い合わせ下さい。

横浜開港祭協議会公式ホームページ

 

横浜開港祭の花火「ビームスペクタクルinハーバー」は

レーザー光線や音楽を使った演出で、夜の港を華やかに彩ります。

 

 

 

横浜開港祭花火2015おすすめ観覧スポットは?

 

やはり、横浜開港祭の花火を見るベストスポットは

臨港パークでしょう。

目の前の海上から上がる花火と、レーザー光線や音楽の迫力を味わうには

メインステージの臨海パークが一番でしょう!

しかし、ベストスポットだけに混雑具合は壮絶です((+_+))

 

 

 

臨海パーク近くですと

ぷかりさん橋

カップヌードルミュージアム

横浜赤レンガ倉庫

この辺りからでも近くで楽しめますが

やはり混雑は避けられないでしょう。

 

少し離れてしまいますが、混雑をなるべく避けたいのであれば

野毛山公園展望台

 

 

野毛山公園展望台は夜景スポットでもありますし

自動販売機やトイレも完備されてます。

公園の敷地内に野毛山動物園があるんですが

何と無料で観覧できるのでお子さん連れの家族にも

おすすめスポットですよ。

野毛山公園ホームページ

 

 

港の見える丘公園

 

港の見える丘公園にも展望台があり、夜景スポットでもありますし

自動販売機やトイレも完備されています。

港の見える丘公園ホームページ

 

 

車で花火を見に行きたい方には

 

大黒ふ頭中央公園

 

 

花火会場から距離はありますが車で行けるので

電車での混雑は避けられますよ。

まとめ

横浜開港祭花火2015の日程やおすすめの観覧スポットを

ご紹介させて頂きました。

観覧スポットはどこも混雑は予想されますが、

怪我やトラブルのないようお祈りしております。

スポンサードリンク

コメントを残す