浅草神社の三社祭2015大迫力の神輿はいつ見れる?

浅草神社の三社祭は神社が持つ三基の神輿を

1日かけて浅草の町中をまわる「本社神輿各町渡御」が

メインのお祭りです。

神輿を担ぐ氏子衆たちの勇ましい姿は大迫力で

これぞ江戸っ子と言わんばかりです。

スポンサードリンク

浅草神社の三社祭2015の見どころは?

 

2015(平成27年度)の三社祭日程は

5月の15日(金)・16日(土)・17日(日)に行われます。

15日(金)の見どころは?

午後1時から行われる「大行列」

お囃子屋台・鳶頭木遣り・びんざさら舞・白鷺の舞

などが行列をつくって浅草の町を歩きます。

※雨天中止

16日(土)の見どころは?

正午より行われる

「町内神輿連合渡御」

浅草氏子44ヶ町の町内神輿約100基による渡御が行われます。

浅草寺本堂裏広場に参集した神輿が、浅草神社でお祓いを受けた上で、

一基ずつ各町会へ渡御。

町内神輿連合渡御でも、各町の担ぎ手の勇ましい姿が

タップリと見れますよ。

午後4時から

浅草神社 神楽殿にて「奉納舞踊」

午後5時から

浅草神社 神楽殿にて「巫女舞奉奏」

なども見れますよ。

そしてメインとなる17日(日)の見どころは?

何と言っても三社祭のメインでもある

「本社神輿各町渡御」が行われます。

本社神輿三基の宮出しが早朝6時から始まり

一日かけて浅草の町内を廻ります。

三社祭のメインである本社神輿各町渡御は

氏子衆たちの勇ましい姿が大迫力で

これぞ江戸っ子と言わんばかりです。

 

午前11時~午後6時までは雷門通りから馬道通りで

お祭り広場が開催されます。

お祭り広場には各町内の神輿が集まり、

最終日を盛り上げます。

※周辺は交通規制があります

浅草神社の三社祭2015へのアクセスは?

 

 

東京メトロ銀座線:銀座線浅草駅で下車。1番出口を出るとすぐに

         雷門が見えます。

都営地下鉄浅草線:浅草駅A4出口を出て雷門を目指し

         徒歩で約5分です。

  東武伊勢崎線:浅草駅東武線正面口より

         雷門を目指し徒歩約5分です。

車でお出かけをお考えの方

三社祭開催期間中は、周辺道路は非常に混み合いますし

三日目の17日(日)は交通規制も予定されています。

少し離れた駅周辺に駐車し電車で行くことをおすすめします。

まとめ

 

浅草神社で行われる三社祭は、正和元年(1312)から

三社の神話に基づき船祭が始められたと云われています。

3日間の祭礼には毎年約150万人が訪れるお祭りです。

期間中は非常に混雑しますので、見物など見づらいかもしれませんが

お互い譲り合いの気持ちを持って、気持ち良く見物して頂ければと

思います。

スポンサードリンク

コメントを残す